HOME>特集>住宅ローンの支払が厳しい!任意売却の相談をしよう

住宅ローンの支払が厳しい!任意売却の相談をしよう

模型

任意売却のメリット

住宅を現金で購入する方はまずいないでしょうから、何らかの金融機関から借金をするはずです。そこで問題となってしまうのが、住宅を購入したときの借金が残っている状態では、物件を勝手に売却できないことです。そのため、借金の支払いができなくなったときに、身動きが取れなくなってしまう可能性があります。しかし、任意売却という通常の売却手段とは違った方法が用意されているので、まずは専門家(弁護士など)に相談しましょう。相談をすると、専門家が金融機関との間に入って、これからの支払い方法についてしっかりと話し合いをしてくれます。その結果、住宅が売却できるようになるため、金額によっては借金を帳消しにすることも可能です。

積み木と紙幣

競売になるとどうなる?

支払いをしなくても、いずれは競売になるので、流れに身を任せようと考える方もいるでしょう。しかし、それは住宅を売る場合のもっとも悪い選択なので、何も手段を講じないのは絶対にやめましょう。競売というのはデメリットだらけなので、これからの人生のことを考えるのならおすすめできない手段だからです。まず、競売は自分からアクションを起こすわけではなく、時がくると強制的におこなわれるため、まったくコントロールできません、そのため、自分の意思とは関係ないところで、取り引きが進められてしまいます(もちろん通知はありますが)。しかも、相場よりも安い値段しかつかないことがほとんどなので、任意売却を選ばなかったことを後悔するでしょう。競売にならないためには、専門家への相談が一番よい方法なので、流れに身を任せないで任意売却に向けて動きましょう。