不動産会社の探し方をココに伝授|暮らしやすさが重要

不動産の扱い

女性

不動産は、自身が購入して手に入れるほか相続によって手に入れることになります。自身で購入して手に入れた場合には、それなりに勉強をして購入することになりますが、相続によって手に入れた場合にはその多くは不動産に関する知識を有さないことになります。しかし、不動産を扱う時には、さまざまな法律や商習慣などを理解していなければ、思わぬ損失を被ることになります。特に借地として貸し付けている場合には貸し付ける側にも相応の知識が必要ですし、また借地をやめて売却したり、建物を建て替えるために借地を借りている住人に立ち退いてもらうといった場合にはそれなりのノウハウが必要です。このようなことは素人が行うのは現実的ではなく、専門業者に相談するのが無難です。相談といってもさまざまですが、特に多いのが税金による負担です。借地にしても不動産を有している場合には固定資産税を支払わなければいけませんし、また相続によって手に入れた場合には相続税が発生します。これに見合うだけの収益を上げていれば、そのまま継続して借地として運用することもできますが、そうではない場合には処分か、土地活用を考えなければいけません。相談をする相手としては、不動産業者がもっとも適していますが、特に借地相談に強みのある業者を選ぶことがポイントです。普通の不動産業者では借地問題に関して適切なアドバイスを受けられない可能性があります。また地主としても借り主としても借地に関する問題があれば専門業者に相談するのがもっともトラブルを避ける方法です。